ひとはひととの出会いで変わっていける。

お友達と大泉まつり&ハートキャッチプリキュアの映画にいってきまんた。
101031_1205~001 101031_1233~001

・大泉まつりは大友とファミリーでごった返してたー。
・歴代東映アニメのいろいろみたりプリキュアの設定みたり。
・ナージャさんがいっぱいあったよ!
・既女まじこえー。
・可愛いポーズとる幼女は可愛いな!そんなポーズは何処で覚えてくるんだろう。

・サイゼでまたーり。
・池袋のXXXの話が面白かった。


■映画
OPのテロップが凝ってて、おぉっと。
つぼえりの相変わらずなキャッキャウフフも楽しめたけど
ここぞって時のつぼみとの距離のとり方の描写がよかった。

大谷育江なちょっとすれた感じの男の子オリヴィエとかご馳走だし
飄々とした中にあるダンディズムを感じさせる藤原啓治声のサラマンダー男爵
なんてもうなんかずるいなぁ、とか。

内容もよかったよー。
男爵とオリヴィエの関係について感情移入しすぎて漢泣き。
ウォータープルーフのマスカラが流れ落ちてしまうほど。

うわぁーんってなった人がハートキャッチされるのって
落ち着いたカフェや居酒屋で
「うんうん、それで?」ってお話聞いて貰うのの具現化みたいなモノかしらー
なんて。

どんなに疎まれる存在であっても、自分を必要としてくれる人がいる限り
そこにいてもいいんだ。
ひとはひととの出会いで変わっていけるし。
何度でもやりなおせる。チャンジできるんです。
チェンジはチャンスなんです。
人は皆悩みの中あの鐘を鳴らすのはあなたなんですよ!

とか考えながらまだブワワっと漢泣きしてたら
スーパーシルエットのマリンさんのポーズで吹いた。

EDあっさりしてたけど最後のカットでじんわり。

居酒屋で軽くつまんで。
レディースデイにもう一回観に行こうと約束をして解散。

もうちょっとちゃんとみてから考察したいなーっ。

101031_1236~001
ハンコックさん。いろいろとでけぇ!子供が泣き叫ぶくらいの迫力。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定