お見舞いしてやる。6日目。

6日目。
午前三時までアイマス&サクラカラオケ。〆は『二人の時』

起床し、スイプリ。
長年解消しきれなった蟠り解けるの早いよ!!!と突っ込みを入れつつ。
ドラゴンボール改で悟空さの駄目親っぷりに怒りを露にする女子二人。

んでんで。本日のメインイベント。
イオシス餃パへ参加すべく友人と別れ、ちえりあへ。
準備。
ちえりあで使用する備品の数をチェックして貰う為に施設の人を呼ぶ。
慣れていないようであれやこれやしつつも一緒にチェックしていく。
と突然、




施設の人「…なつみ?」




…それは菜箸(さいばし)と読みますのよお姉さん。
モスバーガーか、と喉の奥まで出掛かったけど飲み込む。

参加者の方々も集まってさあはじまるぞ!!って時にいらっしゃらないはかせ大先生。
開始の号令数秒前に入室とかはかせも「何か」持ってる。羨ましい。

作業中のコトは正直記憶がアヤフヤっすわ。
生放送とかどうだったのかも確認する余裕もなく餃子作りに集中していたということにしておきたい。

判定の為にいらっしゃったイザワさんことイザベルからの第一声

「(化粧)ケバくない?」

ああああああ、うん。なんかありがとう。
後で聞いてみたら褒める意味合いでのお言葉だったそうで。
アジャも相変わらずな感じでほっとした。

出来た餃子食べる。美味しい。
アジャの焼いた餃子、焼き方すらも優しい。サラダ餃子の称号。
シャックシャク!!いつまで経っても口からなくならない。すごい咀嚼。
片付ける。おつかれさまでした。

怪我などもなく楽しく過ごせました。

寄り道して帰る。
もっとおしゃべりしたいことあったきがするけど
それを全て言葉にしてしまうのが躊躇われるのは
言わなくてもいい程度のコトだったというコトか。
言わなくても理解していただけるという淡い期待を持っていたいというコトなのか。
いや、ただの言葉足らずなだけなんだけども。

とかなんとか思いつつ、兎読みながら就寝。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定