基本的におしゃべり

ラブさんとせつなさんを一生懸命描いてます。



おやじの かみのけが ぜんぶ ぬけたよ

にも関わらずすっごい笑顔の写メが送られてきて、あうあうあー。
誰よりも洗面台に立つ時間が長い人なので
いざ現実となると切ないものがありますな。
まゆげとひげはまだあったわ。人体の不思議。

もうちょいで退院できる段階にまで来れたみたいなので嬉しいし
命あるだけ、とてーも、ありがたーい。
赤点ばかりの娘なので挽回するまで生きていてくれないと!
という自分勝手な気持ちばかりでアレですけどもー。

自分がちょっとアレな時期に
「居場所なんか探さなくていい。帰る場所さえあれば。」
という親父の言葉を真に受けて
帰る場所は死守しつつ、プラプラしている次第であります。



基本的におしゃべりなので
何か感じたら誰かに伝えたくなって
その手段として日記やらブログで文章として整理したりしてる訳で。

しゃべれるヤツはしゃべればいいし
できないヤツは文なりイラストなり漫画なり
他の方法で伝えたらいいんじゃないか、と思う。

んでんで
お互いに共感したり反感かったりして
カドが取れて丸くなったりしつつーで磨かれていくモノではないのかと。

ここ数年は思っています。はい。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定